QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
aroundthe
店長情報 › ドンドン村のお菓子な部屋

2018年01月21日

「 旭饅頭 」 の「 栗そばまんじゅう 」&「 甘酒まんじゅう 」



大分県日田は、江戸時代、
天領の町として大いに
繁栄した所です。
この天領の面影を色濃く残す
豆田町を1時間程散策する
機会に恵まれました。
先ずは薫長( くんちょう )
酒造の建物の中に入り
説明を聞き試飲をし、
散策マップを貰って
いざ、散策スタートです!
薫長酒造の斜向かいの店に
いきなり吸い込まれて
しまいました!
お饅頭屋さんが有ったのです!
お店の名前は「 旭饅頭 」。
昔ながらの、ショーケースに
お饅頭が並ぶ店構えでした。
お店に入った時間は15:45位
でしたが、売り切れの札が
出ている商品が多かったです。
残っているものから、
2つ選んで買ってみました。
写真の上が「 甘酒まんじゅう 」。
1つ ¥80.-。
濃厚な酒粕の匂いが鼻を突きます。
甘酒と言うより、酒粕まんじゅうです。
もう頬がほんのり染まってしまいそう。( 実は下戸なニヘドンである。)

写真の下が「 栗そばまんじゅう 」。1つ¥130.-。
栗が丸ごと1つ入っていて、栗も餡も皮もみな美味しい。
びっくりしました。
恐らく、ニヘドンが今迄食べて来たお饅頭の最高峰ではないでしょうか?
旭饅頭のホームページには、この栗そばまんじゅうについて、こんな風に紹介されています。
『 元祖栗そばまんじゅうは当店6代目の店主が考案した和菓子です。
  口コミで人気がひろがっており、今では観光客で賑わう豆田町の名物です。
  栗が丸ごと1個入ったそば饅頭で、添加物を使用せずにふっくらと蒸し上げていますので、
  そば独特の風味と栗の甘味が生かされています。
  全国菓子博覧会で毎回大賞や金賞を受賞しているお菓子です。 』

甘酒まんじゅうも、栗そばまんじゅうも、素材の味が十二分に生かされていて、
1つ1つのお饅頭に「 手づくり 」のシールが貼られていますが、本当に手づくりだと実感。

お店の売り子さん達3人は皆若い女性で、( アルバイト? )
愛想は良くなく、ニヘドンの嫌いな接客態度だったけど、
この完成度の高いお饅頭だったら、また買いに行くと思います。  


Posted by aroundthe at 16:12Comments(0)

2018年01月21日

「 ぎをん 椿庵 」の「 オープン記念特別デザート 」。



ぎをん椿庵の「 オープン記念パフェ 」2018年01月19日(金)
平塚駅前でアッシー君の車から下りたニヘドンは不機嫌であった。
一緒に車から下りたM子と一緒にケーキを食べる流れになったのだが、
M子は平塚在住なのに、ケーキ屋を全く知らず、とんちんかんな事ばかり言うからである。
M子は言う。「 ○○のケーキは美味しいけど、食べる所無いから。」
ニヘドン 「 食べる所無いなら、食べに行けないじゃん。」
M子 「 ○○は美味しいけど、食べる所無いからねえ。」
ニヘドン 「 ・・・・・・・・・・・・ ( こいつ、ほとんど認知症じゃないか? )」
M子 「 グランドホテルに行きましょう♪ 」
グランドホテル神奈中に行ってみました。
ホテルのケーキ屋なんて、全く興味が無かったので、嫌々ですが、行ってみました。
ホテルのケーキ屋なんて、値段が高いだけで、大して美味しく無いと経験上思っていますからね。
街の中の1軒屋みたいなケーキ屋さんが美味しいんですよ!

ところが、グランドホテル神奈中には、「 ブルーベリー 」というケーキ屋さんが有るのですが、
持ち帰りのみのショップでした。
ニヘドン 「 イートインコーナーが無いから駄目だよ。」
M子 「 え? イートインって何? イートインって何なの? 」
ニヘドンは答えませんでした。 「 ( ここまで馬鹿は、もう相手に出来ない。)」
そこで、平塚駅の駅ビル「 ラスカ 」に行ってみました。
5階のレストラン・フロアに行こうとすると、M子はレストランフロアにカフェは無いと言い張ります。
「 ・・・・・ ( 何だ、こいつ。 レストランフロアにはレストランしかないと思っているのか? )」
普通、レストランフロアには、寿司屋だって、蕎麦屋だって、カフェだって、何だって有るだろう?
ニヘドン、駄目なんだよね、何十年も生きていて、何の知識も無い人。
イートインと言う言葉を知っていたり、レストランフロアと呼ばれる場所に何が有るか知っている事は別段特殊な知識でも何でも無い事。
こういう常識以前の事を知らない人と付きあうって、本当に疲れるわあ。

レストランフロアにカフェが無いと言うM子を無視して、ニヘドンはぐいぐい5階のレストランフロアの奥に進んで行きました。 
だって、さっき、飲食店案内のパネルを見たら、
「 ぎをん椿庵 」と言う店の名前を見つけたもん。 だから、どんな店だか行ってみるんだもん!

「 ぎをん椿庵 」は、ラスカ5階のレストランフロアに今月オープンした新しいお店です。
鎌倉パスタの系列のお店で、基本、パスタメニューが有ります。
「 町屋イタリアン 」がコンセプトのお店です。
けれども、女性スタッフに訊いたら、デザートだけの利用でもOKと言う事で入る事にしました。
時間は15:48でした。
昼食と夕食の境目の時間なので、店内は空いていて、直ぐにテーブルに案内してもらえました。
店頭に大きく写真が出ていた「 オープン記念特別デザート 期間限定 Parfait 」 を頼みました。
480円+消費税です。
1月31日迄のオープン記念特別デザートは、写真の「 トリプルベリーパフェ 」です。
3つのベリーは、ラズベリー、ブルーベリー、ストロベリーが使われています。
メニューには「 ベリーの酸味とあんソースが絶妙 」と書かれています。
ワッフルコーンの中に抹茶ソフト、そして3つのベリーが、いっぱい入っています。
最初、値段は高いかな? と思ったのですが、これだけ沢山ベリーが入っていたら納得値段だと
考え直しました。
抹茶ソフトも、「 町屋イタリアン 」の名に恥じぬ本格的な抹茶の香りが実に美味しいのです。
ワッフルコーンの底には、さいの目に切ったカステラも入っています。
黒蜜掛けで、和とイタリアンの素晴らしいコンビネーションです。
どぎつい甘さはまるで無し。
食べ終わった後に残るのは抹茶の余韻。 あ~。 幸せ~。
子供には勿体無いから食べさせたくない~。 大人だけの秘密のデザートにしておきたい~。
ニヘドンの不機嫌さは、美味しいスイーツで見事に消え去ってしまったのでした。
女の子がスイーツ好きな理由が良く分かったよ。(笑)  


Posted by aroundthe at 16:10Comments(0)